DA コンバーター

QBD76 生産完了品

製品に関するお問い合わせ
QBD76
QBD76
QBD76
  • QBD76
  • QBD76
  • QBD76

※掲載画像イメージと実物とは色合いなど異なる場合があります。
 実物を優先いたしますので、あらかじめご了承ください。

QBD とは、Quarter Back Digital の略で、Quarter Backは アメリカンフットボールでいうところの「攻撃の司令塔」のことです。「76」は本製品の内部ディジタル回路の処理ビット数を表しています。つまり「QBD76」という名前には、非常に高い能力を有するディジタル信号処理の司令塔、という意味が込められています。
CD のサウンドをかつてないクォリティで再生することを目指し2001 年に発表されたDAコンバーター「DAC64」。その後継機として誕生したQBD76 は、DAC64開発時を遥かに上回るFPGAプラットフォームを得て、その威力を最大限に活かし、更なる進化とパフォーマンスの向上を実現しています。
変化の激しいディジタル関連機器の分野において、10年以上にわたりロングセラーとして君臨し続ける理由は、常に時代の一歩先を行く先進性を内蔵しているからに他なりません。

QBD76

QBD76では、北欧のBluetooth開発者らとの共同作業により実現したディジタル転送によるBluetoothインターフェースを搭載。携帯電話という新世代ディジタルデバイスにも対応可能となっています。また、USB入力(USB2.0 24bit 48kHz)にも対応し、パーソナルコンピューターとの接続もQBD76内部の高精度DD変換機能によりCHORDらしい高音質再生を可能としています。
QBD76との組合せに最適なトランスポートとして用意されたCHORD CODA やBlu との接続では、まさに最高品位のCDサウンドを引出していただけます。

主な特長

・ CHORD 独自開発ディジタル・プロセッシング・アルゴリズム採用
・ 高性能自動アップサンプリング機能 (Bluetooth, USB 入力ソースにも機能)
・ AES, SPDIF フォーマットおよびUSB, Bluetooth など多彩な入力に対応
・ 新開発Bluetooth A2DP プロファイルのディジタルストリーム受信機能
・ 設定および動作ステイタスが目視確認可能なディスプレイ表示

» テクノロジーについての詳細

★外観仕様はご注文時に下記よりご選択ください。
ボディ: シルバーサテン or ブラックサテン
リング: シルバーサテン or ブラックサテン or ブリリアントシルバー(ニッケル鍍金)
LED:  ブルー or レッド or エメラルドグリーン
バッジ: シルバー or ゴールド

税込定価 777,600円円 (ブリリアント・リング仕様は税込12,960円追加)
発売 2008年9月

仕様

ハーモニックディストーション < -103 dB (1kHz, 24-Bit @ サンプルレート44.1KHz)
< -110dB (100Hz, 24-Bit @ サンプルレート44.1KHz)
S/N比 > 120dB
チャンネルセパレーション > 125dB @ 1KHz
ダイナミックレンジ 122dB
ディジタル入力 x 75Ω SP/DIF (BNC)
2 x 110Ω AES (XLR)
2 x 75Ω SP/DIF (TOS Linkオプチカル)
1 x USB ( B type )
1 x Bluetooth (A2DP ステレオオーディオプロファイル)
アナログ出力 2 x アンバランス(RCA)
2 x アンバランス(XLR)
RAMバッファ ゼロ / ミニマム / マキシマム 3切替
フェイズスイッチ ポジティブ / ネガティブ (出力フェイズ切替)
入力サンプルレート XLR, TOS リンク
32, 44.1, 48, 88.2, 96 kHz(シングルデータモード)
176.4, 192 kHz(デュアルデータモード)
USB B Type, Bluetoothリンク
44.1, 48 kHz
最大出力 6V rms. バランス 3V rms. アンバランス
出力インピーダンス 75Ω (short circuit protected)
サイズ W332 x H63 x D142 mm (コネクター突起含まず)
重量 4 Kg

ドライバーダウンロード

▲ トップへ戻る